アレルギー症状を抑える為の市販薬アレルギー剤を医師がランキングしてみた。医学的根拠は鼻アレルギー診療ガイドライン

当記事は、アレルギー性鼻炎や花粉症に対する症状抑制効果が認められている市販薬の特集です。日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会が制定した「鼻アレルギー診療ガイドライン2020年版」 に準拠しています。

この記事の構成は、内科総合クリニック人形町で紹介している 育毛剤を医学する  発毛を促進させる為の育毛剤を医師がランキングしてみた。医学的根拠はAGA診療ガイドライン を完全に真似をして作成しました。リンク先の先生に許可をいただいております。育毛について男性のみならず女性についても書かれています。興味のある方はこちらのページもクリックしてください。

https://ningyocho-cl.com/hair/

スイッチOTC剤といわれる、病院で処方される成分の入った以下の薬がおすすめです。

五十音順で並べています。おすすめのランキングは続きへ。

アレグラFX(久光製薬)・アレジオン20(エスエス製薬)・エバステルAL(KOWA製薬)・クラリチンEX (大正製薬)・コンタック鼻炎Z (グラクソ・スミスクライン)・ストナリニZ (佐藤製薬)・タリオン(R)AR (田辺三菱製薬)

あなたが抗アレルギー剤選びで失敗しないで済むように医師として以下のことをどうしても先にお伝えしたいと思います。

目次

アレルギーに効果のある薬は抗ヒスタミン薬

市販鼻炎薬のほとんどは第一世代抗ヒスタミン薬

 代表的なものは d−クロルフェニラミンマレイン酸塩というものです。病院で処方される薬名としてはポララミンになります。ほとんどの風邪薬はこの成分が入っています。この薬は、とても眠気が出ますし口が渇きます。この副作用を抑えるために風邪薬にはほとんどのものに無水カフェインが入っています。これにより眠気を抑えようとしているのです。さらに子供では痙攣を誘発させるといわれています。手元に風邪薬や鼻炎薬がある場合は、成分を見てみてください。クロルフェニラミンマレイン酸塩と無水カフェインがセットになっていると思います。

抗ヒスタミン薬は、第1世代、鎮静性第2世代、非鎮静第2世代に分けられる。 

 1983年以降に発売された抗ヒスタミン薬を、第二世代の抗ヒスタミン薬といい、第一世代の副作用の少ないものをいいます。この第二世代も実は鎮静型と非鎮静型に分かれています。第二世代の中の鎮静成分が少ないものを非鎮静性第二世代抗ヒスタミン薬と言います。抗ヒスタミン薬が脳内に入って脳の中のヒスタミンに作用すると鎮静性が増します。そこで脳内へどれくらいこの抗ヒスタミン薬が移行するかの割合によって、鎮静性と非鎮静性に分かれます。各種薬剤が脳内にどれだけ移行するかをMRIを使って調べたデータがあります。(参考文献参照)鎮静性の第二世代抗ヒスタミン薬の代表的なものはケトチフェン(商品名:ザジテン)と言われ、やはりこれも通常の風邪の薬に含まれています。

病院で処方される抗アレルギー薬の成分が入っている市販薬がオススメ

続きはこちらへ。ランキングもありますよ。。 

アレルギー症状を抑える為の市販薬アレルギー剤を医師がランキングしてみた。医学的根拠は鼻アレルギー診療ガイドライン|富田耳鼻科@新発田市|note

シェア頂けると嬉しいです!お願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる